FC2ブログ

低温飼育マレー80ミリオーバー羽化しました。

ようやく低温部屋で管理していたマレーキャメロンの羽化が始まり80ミリオーバーが出ましたので紹介します。
DAM803-81-01.jpg

DAM803-81-02.jpg



マレー アンタエウス キャメロンハイランド( F5)
サイズ81.2ミリ 頭部幅30.8ミリ

種親サイズ オス80.3ミリ( F3) メス48ミリ( F4)

画像個体の羽化までの経過内容は下記の通りになります。
2014年1月9日、菌糸ビン1200に2令初期の幼虫を投入
2014年7月18日、菌糸ビン1200に入れ替え 体重39グラム
2014年12月26日、菌糸ビン1200に入れ替え 体重36グラム
2015年3月下旬に羽化しました。
菌糸投入から約14月で羽化しました。

15度~17度の低温部屋で飼育していた幼虫が約14ヶ月で羽化しました。
只今、低温飼育のマレーが数頭羽化していますが、19度~21度の
管理部屋で飼育していた幼虫に比べ平均約3ヶ月長く時間がかかっています。
サイズはアベレージで1.6ミリ違ってきています。
しかし体重は今回の幼虫も体重39グラムとあまり重たくないように
低温飼育でのMAX体重は19度~21度の飼育に比べ軽い傾向にあります。

上記の内容から管理する温度帯で体重の増幅率、減少率の違い
羽化までの期間、羽化したサイズが違う事が良く分かります。

今のところ、太さ等、フォルムの違いまでは明確に確認できていませんが、
もう少しデーターの数が増えれば頭部幅の数値の違いぐらいは分かるかも知れません。

マレーも面白くなってきました。
参考にしてみてください。

また、何か分かりましたら報告させて頂きます。
スポンサーサイト



プロフィール

himarayaante

Author:himarayaante

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード