FC2ブログ

2021 シェムガン 90ミリオーバー個体誕生!No.01

お世話になります。
ブータン アンタエウス シェムガン血統から90ミリが誕生しましたので紹介します。
DSCN9794.jpg
DSCN9797.jpg
ブータンアンタエウス シェムガン(CB)
サイズ91.0ミリ 頭部幅34.0ミリ
種親サイズ オス90.6ミリ(CB) メス56.5ミリ(CB)

画像個体の羽化までの経過内容は下記の通りになります。
2019年1月30日に菌糸ビン1200に2令幼虫を投入
2019年10月17日に菌糸ビン1500に入れ替え
2020年4月13日に菌糸ビン1500に入れ替え 体重50グラム
2020年12月初めに羽化しました。
菌糸投入から羽化まで約22ヶ月かかりました。

前回、紹介したシェムガンと同腹の兄弟になります。
今回は上手く菌糸ビンの交換期間を引っ張って3本で羽化させる事ができました。
計測体重は50グラムとあまり重たくありませんでしたが90ミリオーバーとなりました。

羽化した個体は顎、頭部幅と太さもあり全体のバランスが良いです。
仕上がりはディンプルも少なく綺麗です。
種親して次世代が楽しみな血統です。

こちらの固体はオークションで出品します。

よろしくお願い致します。
スポンサーサイト



2020 シェムガン 90ミリオーバー個体誕生!No.42

お世話になります。
ブータン アンタエウス シェムガン血統から90ミリが誕生しましたので紹介します。
DSCN1932.jpg
DSCN1935.jpg


ブータンアンタエウス シェムガン(CB)
サイズ91.8ミリ 頭部幅35.1ミリ
種親サイズ オス90.6ミリ(CB) メス56.5ミリ(CB)

画像個体の羽化までの経過内容は下記の通りになります。
2018年11月9日に菌糸ビン1200に2令幼虫を投入
2019年4月4日に菌糸ビン1500に入れ替え 
2019年9月9日に菌糸ビン1500に入れ替え 体重53グラム
2020年2月24日に菌糸ビン1500に入れ替え 体重50グラム
2020年11月中に羽化しました。
菌糸投入から羽化まで約24ヶ月かかりました。

最近、紹介しているシェムガンとはメスが違う血統になります。
こちらの血統もいつもの50グラムオーバー2連続で菌糸ビン4本で羽化しました。
約2年かかりましたが、上手く引っ張って羽化まで持って行けたと思います。

羽化した個体は頭部幅が35.1ミリあり、驚異的な太さを誇っています。
中々、お目にかかれない太さで今年一年を振り返っても35ミリはいません。
不全無しでの頭部幅35ミリは2017年まで遡ってやっと1頭、データーに残っている位でした。
太さだけでなく、綺麗な仕上がりで文句無しの個体です。
種親して次世代が楽しみな血統です。

こちらの固体はオークションで出品します。

よろしくお願い致します。

マレーBE-KUWAギネス血統幼虫、菌糸飼育スタート!

11月1日割り出しされ、マット管理していた全ての幼虫が2令中期ぐらいに成長しましたので
菌糸ビンに投入しました。
DSCN0710.jpg
菌糸ビンのサイズは1200です。
いつもヒマラヤ系でも使用しているエクセレント の菌糸です。
DSCN0711.jpg
♂、♀の判別はせず、スピーディーに全ての幼虫を投入!
割り出しから丁度、1ヶ月たってからの菌糸飼育スタートとなりました。
管理番号はGuinnessの頭文字をとってG01にしました。
今後、G01、G02と累代を重ねていければと思います。
DSCN0714.jpg
低温部屋の定位置にセットして終了!
前回、半分の6頭を中温部屋と記載していましたが、温度設定に
不具合が生じましたので、全て低温部屋に移動させました。
DSCN0716.jpg
恐らくこの温度帯だと、軽く半年はこのまま、ほったらかしになると思います。
次の入れ替えタイミングで♂、♀の判別、成長による期待度が分かります。
このまま、温度管理をしっかりして置いておきます。
かなり先になりますが、また紹介します。

マレーBE-KUWAギネス血統幼虫飼育スタート!

以前から気になっていたマレーキャメロンのBE-KUWAギネス血統の幼虫を購入しました。
2年前に知人が同じ系列血統の成虫ペアを購入しますが、幼虫が採れず私の所に
回ってきた事がありました。
軽い気持ちでブリードにチャレンジするも私も全く幼虫が採れずに終わり苦い経験となりました。
あれから何度か成虫ペアを購入できる機会がありましたが何故か気が進まずそのままに。
今回、初2令幼虫の購入できる機会があり、「これだ!」と思い即、決断!
成虫ペアからのスタートより幼虫からのスタートの方が自分には合っています。

昨日、12頭の幼虫が届きました。
DSCN0225.jpg
ストレスを与えたくないので幼虫の存在を確認する事なく、直ぐに半分の6頭を中温部屋、もう半分の6頭を低温部屋に移動!
どこまで私の所の飼育環境にマッチするかわからないので取り敢えず2つの温度帯の管理に分けてスタートです。
このまま環境に馴染ませる為、数日、もしかすると数週間、置いておきます。
しっかりした2令幼虫になってから菌糸に移す予定です。
DSCN0273.jpg
DSCN0272.jpg
目標は12頭、全て成虫にさせる事です。
良形なギネス血統ですので羽化まだ辿り着ければサイズ、フォルムは一緒に付いてきてくれると考えています。

今からスタートですが、ポイント、ポイントで紹介できればと思います。
久しぶりの新しい血統の飼育はワクワク感でいっぱいです。
どんな成虫が出てくるか今から楽しみです。
もちろん、成虫までの過程もしっかり楽します。

2020 マレー キャメロン種親決定個体誕生!No.41

お世話になります。
今回はマレーアンタエウス キャメロンハイランド血統の種親オス個体2頭を紹介します。
DSCN0055.jpg
DSCN0064.jpg
1頭目
マレー アンタエウス キャメロンハイランド(CB)
サイズ82.0ミリ  頭部幅31.8ミリ
種親サイズ オス79.5ミリ(CB) メス48ミリ(CB)

画像個体の羽化までの経過内容は下記の通りになります。
2019年3月21日に菌糸ビン800に1令幼虫を投入
2019年10月11日に菌糸ビン1200に入れ替え  
2020年3月23日に菌糸ビン1500に入れ替え 体重40グラム
2020年9月末に羽化しました。
菌糸投入から羽化まで約18ヶ月かかりました。

DSCN0067.jpg
DSCN0072.jpg
2頭目
マレー アンタエウス キャメロンハイランド(CB)
サイズ82.0ミリ  頭部幅31.9ミリ
種親サイズ オス79.5ミリ(CB) メス48ミリ(CB)

画像個体の羽化までの経過内容は下記の通りになります。
2019年3月21日に菌糸ビン800に2令幼虫を投入
2019年10月11日に菌糸ビン1200に入れ替え  
2020年3月4日に菌糸ビン1500に入れ替え 体重40グラム
2020年9月中に羽化しました。
菌糸投入から羽化まで約18ヶ月かかりました。

2頭とも菌糸ビン800に始まり、1200、1500、体重40グラムと
似た様な内容で同じサイズで羽化しました。

羽化した個体はどちらもサイズも大きく太さ、フォルムも申し分ありません。
内歯も大きく顎の形状もしっかりしています。
顎の特徴がそれぞれ違う為、どちらも種親にします。
マレーも次世代が楽しみです。

よろしくお願い致します。


プロフィール

himarayaante

Author:himarayaante

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード